より強く、より美しい肌を目指して。うるおいを肌にまとう感覚で光線から守る新素材
肌になじむオイル成分でヒアルロン酸を包みこんだ 水コロイド(R) 体温感受性ワックスが光線の熱と体温で温められることにより分解され、内側の保湿成分が肌にしっかり浸透してたっぷりのうるおいを保ちます。外側のオイル成分は肌表面で保護膜となり、水分の蒸散を防ぎ、乾燥や光線、外的刺激から肌を守ります。
ウォーターコロイドジェルクリーム メイクアップベース 肌になじむオイル成分で肌や毛髪の構成成分アミノ酸を包みこんだ HIKARIヘリックス(R) 体温感受性ワックスが光線の熱と体温で温められることにより分解され、内側のアミノ酸が肌にしっかり浸透してキメを整えます。外側のオイル成分は肌表面で保護膜となり、水分の蒸散を防ぎ、乾燥や光線、外的刺激から肌を守ります。
ウォーターコロイドジェルクリーム メークアップベース 肌をたるませる見えない光の正体は?
紫外線よりも降り注いでいる「近赤外線」
近赤外線は太陽光線の約50%を占める赤外線の一種です。赤外線には「近赤外線」以外にも「中赤外線」と「遠赤外線」があります。「近赤外線」は波長や照射条件を工夫すれば、他の光線や治療法では対応が難しい病気や美肌治療にも有効利用が可能です。しかし、その作用が強いため、無防備な状態で大量に浴びてしまうと肌に大きなダメージが出てしまう可能性があるのです。地表に届く赤外線は紫外線の約5倍!
紫外線よりも肌の奥に届く近赤外線
シミやソバカスなど肌にダメージを与える光線として紫外線が知られていますが、「近赤外線」も肌に強い影響を及ぼすチカラを持っていることが分かってきました。紫外線は皮膚表面にしか届きませんが、「近赤外線」は波長が長いので真皮の奥の皮下組織や筋肉にまで到達します。「近赤外線」は、紫外線以上に肌の老化に影響しています。筋肉組織が破壊され、弱くなることでハリや弾力を失い、ほほのたるみやほうれい線に。肌のたるみは、長年浴び続けた「近赤外線」の影響かもしれません。
UVケアしているのにヒリヒリと痛くなる、水ぶくれになる。お手入れを頑張っているのに肌の調子があがらない。最近、肌のたるみ・シワが目立ってきた気がする
近赤外線のダメージを受けている証拠かもしれません!
パソコンやテレビもシワ・たるみの原因?!
赤外線カメラや赤外線通信、聞いたことありますよね。パソコンのモニターやテレビモニター、照明にも見えない光として、私たちの身近なところで数多く使われています。近赤外線は対象物を直接暖める性質を持つ光線です。こたつ、ハロゲンヒーターなど電化製品からも近赤外線が放出されています。
肌表面と内側の両方から肌を守り、よりつややかなハリ肌へ
近赤外線は水分に吸収されやすい性質を持っているため、皮膚が水分を保持することにより筋肉に近赤外線が届くのを防ぐことができます。毛髪が頭皮を守ってくれているように、体毛や角質も乾燥・光線・外的刺激から体を守るために存在しています。保湿だけでなく、肌表面に体毛の代わりとなる保護膜をまとい、近赤外線に強い肌を作ることが大切です。
光のダメージが年齢のサインに変わる前に