会員ランクサービスの説明

美容マスク

マスクかぶれ

長時間のマスク着用による肌トラブル

季節性ウィルスや花粉症などの予防としてマスクを長時間着用する機会が多くなっています。
マスクを長時間着用することにより、【ニキビ】や【肌の赤み】、湿疹など【肌荒れ】などの肌トラブルに悩んでいる方がたくさんいます。

意外な盲点…マスクを外すと肌は乾燥する

マスクをしている間は、マスク内は呼気により湿度が高い状態になります。
マスクを着脱することにより、マスク内の温度や湿度が変化し、 特にマスクを外した直後は、肌表面の水分が蒸発するので、乾燥が進むと言われています。
肌の乾燥は、肌表面のバリア機能の低下を招き、肌への摩擦を感じやすくなったり、ニキビの原因にもなる雑菌が繁殖しやすい状態になります。
マスク着脱を繰り返されることにより、肌のバリア機能の乱れや保湿機能の乱れが起き、肌への悪影響は大きくなります。

マスクの肌荒れを防ぐために

マスクの摩擦を防ぐ

■肌がこすれないように、マスクの下にガーゼを挟む
ガーゼを使用することにより、マスク内の蒸れを解消することができ、肌が擦れるなどの刺激を軽減できます。
また、ガーゼを定期的に交換することにより、マスクを衛生的に保つことができます。

■周りに人がいないときは、マスクをはずす
長時間つけていると、マスク内は蒸れ、肌がふやけて刺激を感じやすくなります。
また、マスクを外した時は肌が乾燥し、肌トラブルの原因となります。
肌以外でも、夏や梅雨の時期など気温が高くなる季節にマスクを着用していることにより、【熱中症】になる危険性もあります。
マスクを着用時は、喉の乾きが感じにくく、体内に熱がこもりやすくなるためです。
また、マスクをした状態で激しい運動も避けましょう。
肌や健康面を考慮し、マスクを外せる時間帯を作りましょう。
感染対策でマスクをしている場合は、屋外で人との十分な距離(2m以上)を確保できる場合はマスクをはずすことができます。

肌の保湿はしっかりとする

マスク着用において、敏感な状態になった肌をケアするためには、 帰宅後に洗顔を行い、肌の汚れをなるべく刺激を与えないようにやさしく取り除くことと、 洗顔後に化粧水や乳液・美容液などでしっかり保湿ケアを行うことが大事です。
肌本来が持つバリア機能を整えることにより、うるおいが保たれ健やかな肌状態を保ちます。
スキンケアアイテムは、低刺激で保湿力の高いものを選ぶことをお勧めします。
マスクかぶれといっても、ニキビや湿疹、肌の赤み、乾燥など症状は様々なので、肌悩みに合わせたすスキンケアアイテムを選びましょう。

マスク使用中も保湿を

生活しているうえで、食事中や水分補給時、野外で人との距離が保たれている場合など、マスクを外すタイミングがあります。
マスクを外した直後は、肌が乾燥しやすい状態にあるので、ミスト状の化粧水などで肌のうるおい補給をすることをおすすめします。
また、マスク着用前に肌への摩擦を軽減するために、保湿力の高いクリームや肌を保護するバームを使用することもおすすめです。
肌荒れを防ぐため、肌への摩擦を考え、肌当たりの良いジャストサイズをマスクを使用しましょう。

美容マスク

キーワード検索

└ 除外キーワード を除く

価格帯: 円 ~

3件の商品がございます。
ナビジョン TAマスクエフェクト(医薬部外品)【宅配便】

ナビジョン TAマスクエフェクト(医薬部外品)【宅配便】

8,000
(税込 8,800円)
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
エリクセル リバイタフェイスマスク 40枚

エリクセル リバイタフェイスマスク 40枚

3,500
(税込 3,850円)
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

閲覧数ランキング