あなたの化粧水を見つけましょう

あなたの化粧水を見つけましょう

当ショップでは敏感肌用の化粧水をはじめ、目的別・肌質別の化粧水を多数揃えております。前より乾燥が気になる、使う量がどんどん増えている気がする…。ずっと気に入って使い続けている化粧水も、時には見直し、変化する肌状態や年齢に応じたものに切り替えていく事も大事です。いまのあなたの肌にピッタリの化粧水を見つけてください。

人気の化粧水ランキング

  • 高評価!
    楽天レビュー★4.45

    印象がぐっとアカ抜ける、肌にやさしい角質ケア。 乳酸やグリコール酸配合のフルーツ酸カクテルが穏やかに働きかけ、角質を整えます。化粧水前の+1ステップで差が出ます。

    DeAU デイリーピール

    50ml(約1ヶ月分)

    税込 4,968円

    この商品を詳しくみる >>

  • DeAU デイリーピールミニ

    10ml(約1週間分)

    税込 1,296円

    この商品を詳しくみる >>

  • 洗顔後はこれ1本でお手入れ完了。スキンケアの基本である「保湿」に徹底的にこだわり、 肌にやさしい成分のみを使用した低刺激設計です。

    DeAU カウンセリングゲル

    180g(約2ヶ月分)

    税込 4,104円

    この商品を詳しくみる >>

  • ビタミンC誘導体APPSと、ビタミンE誘導体TPNaを高濃度配合。2つのビタミン誘導体のコンビネーションにより、肌を整えます。防腐剤、着色料、香料フリー。

    EXC Eローション

    100ml(約2ヶ月分)

    税込 8,640円

    この商品を詳しくみる >>

※1:角質層まで、※2:以下フリー(鉱物油・高級アルコール・エタノール・合成香料・合成着色料・防腐剤・シリコン・紫外線吸収剤・旧表示指定成分)、 ※3:肌をやわらげる成分、※4:肌をうるおす成分、※5:以下フリー(防腐剤・アルコール・鉱物油・着色料・香料)、※6・10・※11(ポリクオタニウム-51):保湿成分、※7・※8(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)・※9(トコフェリルリン酸Na):整肌成分、※レビュー:2018年7月31日時点

肌トーンフォーカス肌のトーンを意識してケアすれば、顔の印象はぐぐっと明るく!
  • メラニン色素の生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ、薬用美白化粧水です。みずみずしく肌に広がり、しっとりとした肌を実現します。

    資生堂 ナビジョン
    TAローション(W)

    150ml

    税込 6,480円

    この商品を詳しくみる >>

  • ウマプラセンタエキスと安定型ビタミンC誘導体を配合。とろけるように肌になじみ、各層内のすみずみまで水分を補充する高保湿タイプの化粧水。

    日本生物製剤社
    LNC モイスチャー・ローション

    120ml

    税込 4,320円

    この商品を詳しくみる >>

  • うるおった皮膚に導く化粧水。LHAが角質をケアし、すっとなじみ、しっとりとうるおって、心地良い皮膚を保ちます。心地よいフレッシュな香り。

    ラロッシュポゼ
    センシホワイトローション

    200ml

    税込 3,780円

    この商品を詳しくみる >>

※1:美白有効成分、※2・3・4(ビスグリセリルアスコルビン酸)・5・6:整肌成分

ニキビ対策(※)  化粧水誰もが望むつるつるたまご肌!ポツッとできたら、その原因にあった化粧水でケアを。
  • 有効成分サリチル酸配合で、皮膚表面を引き締め、ニキビの原因菌の増殖を防ぎます。 皮膚をすこやかに保ち、てかりを抑えます。無香料、ノンコメドジェニック。

    ラロッシュポゼ エファクラ
    エファクラローション

    200ml

    税込 3,240円

    この商品を詳しくみる >>

  • 油溶性と水溶性の性質をもつ両親媒性ビタミンE誘導体がすばやく浸透(角質層まで)。香料、着色料、鉱物油、防腐剤、オイル、アルコールフリー。

    プラスリストア
    TPNaローション MD

    100ml

    税込 5,184円

    この商品を詳しくみる >>

  • 古い角質や毛穴の汚れを穏やかに取り除き、キメの整ったなめらかな肌に導きます。プレローションとしても。着色料、香料、エタノール、オイル、防腐剤フリー。

    デルファーマ
    シーバムローションモイスト

    120ml

    税込 4,320円

    この商品を詳しくみる >>

※洗顔による、※11:整肌成分、※12:ビタミンE誘導体=dl-α-トコフェリルリン酸Na(有効成分)、※13:グリチルリチン酸2K(有効成分)、※14:乳酸(肌を整える成分)

エイジングケア(※)  化粧水年齢肌に乾燥は大敵です。たっぷりの化粧水を、押さえ込むようにやさしくなじませて。
  • 悩み多き大人肌のために開発したAPPS配合の化粧水。2つのビタミン誘導体のコンビネーションで、荒れがちな大人肌をしっかりケア。防腐剤、着色料、香料フリー。

    EXC
    Eローション

    100ml

    税込 8,640円

    この商品を詳しくみる >>

  • 独自の複合成分が、角質層まですばやく浸透。なめらかでふっくら柔らかな肌に整えます。着色料、香料、エタノール、防腐剤フリー。

    グラングレース
    ローション

    120ml

    税込 10,260円

    この商品を詳しくみる >>

  • EGFなどハリ・弾力を生み出す7種のペプチドを配合、ナノ化ヒアルロン酸の効果で保湿力を持続。着色料、香料、エタノール、鉱物油、界面活性剤、防腐剤フリー。

    ミューノアージュ
    モイスチュアチャージローション

    150ml

    税込 4,860円

    この商品を詳しくみる >>

※年齢に応じたスキンケア、※21(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)・※22(トコフェリルリン酸Na):整肌成分、※23・※24(ポリクオタニウム-51):保湿成分、※25:イソステアリルアスコルビンリン酸2Na、※26・27:保湿成分、※28:ヒトオリゴペプチド-1、13、24、アセチルヘキサペプチド-8、オリゴペプチド-6、ヘキサペプチド-11、アセチルテトラペプチド-5:整肌成分、※29:保湿成分

うるおいケア 化粧水目指すはもっちり、吸いつく様な肌。乾いてる?!と感じる前にケアを。
  • 化粧水・乳液・美容液・クリーム・マスク・化粧下地の6つの機能がこれ1本のエイジングケア(※)ゲル。香料・着色料・鉱物油・アルコール・防腐剤フリー。

    カウンセリングゲル
    ふっくらタイプ

    100g

    税込 9,720円

    この商品を詳しくみる >>

  • 各種ビタミンや10種類のハーブエキス配合で、肌を整えます。 美容液としてもお使いいただける贅沢な処方。着色料、香料、アルコール、防腐剤フリー。

    デルファーマ
    フラーレンローション

    100ml

    税込10,260円

    この商品を詳しくみる >>

  • シンプルにスキンケアしたい方には、これ1本でもOK!さらっとした使い心地なので、べた付くのが苦手な方に。あらゆる肌質の方にオススメです。

    asc at homeシリーズ
    保湿水

    130ml

    税込 3,240円

    この商品を詳しくみる >>

※年齢に応じたケア、※31・32・33・34・35(APPS:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)・(TPNa:トコフェリルリン酸Na):整肌成分

~ 化粧水の基本知識 ~
うるおいの要、スキンローション。

化粧水の役割って?

意外に知らない?!
化粧水をつける意味。

洗顔後は化粧水で肌のお手入れをするのがスキンケアの定番。でも、化粧水って何のためにつけるのかご存知でしょうか?
洗顔した肌をそのままにしておくと、その直後から肌の水分はどんどん失われていきます。肌には油分が含まれていて、肌表面は濡れていても水はその油に弾かれ、肌に入っていくことはできず、うるおい補給にはなりません。

精製水をベースに、肌の保水力を補う保湿剤や、皮膚を柔軟にするエモリエント剤、 角質を柔らかくほぐす角質軟化剤、栄養剤、殺菌剤など実に様々な成分が含まれ、肌に浸透しやすいよう考えられたものが化粧水。また、肌の油分バランスを整えてくれる効果や、肌になじんで乳液やクリームをむらなく伸ばしてくれる効果も担っています。

意外に思われるかもしれませんが、特にオイリー肌の方は洗顔後の保湿が重要となります。 肌が脂っぽいからといってそのままにしておくと、肌の乾燥を防ごうと過剰な皮脂が出て悪循環になりがちです。余分な皮脂の分泌を抑えるには、しっかりと化粧水で保湿することが大切です。

化粧水の効果をより活かす選び方

肌が欲する成分と、
惜しみなく使える量を。

日々の体調や温度・湿度といった環境、様々な要因で変わる肌のコンディション。普段は自分はオイリー肌だと思っていても、オフィスの冷暖房や外気などにさらされて、肌の中は乾燥していたり、ホルモンバランスが崩れて敏感になっていたり……。

効果的なスキンケアを実践するためには、まず自分の肌の状態をしっかりと見極め、 肌が最も必要としている成分を補ってあげることが重要です。肌のベタつきが気になる時は、洗顔後にビタミンC配合タイプの化粧水でまず毛穴を 引き締め、その後、弱酸性の化粧水でうるおいを与えます。一方、日焼け後や乾燥が気になる場合などは、シートマスクなどでじっくり水分を肌に浸透させてあげることが重要。

敏感肌の場合、オイルフリーや皮脂を押さえるタイプのものは乾燥をさらに進行させてしまいますし、肌が敏感になっている時は、香料やアルコールなどが入っていない、刺激の少ないものを選びます。その時々で、自分の肌の状態に合った化粧水選びをすることが大事です。

理想の化粧水と出会うには?

とはいうものの、毎日の肌の変化を考慮に入れながら、肌に合うものを探し出すことはなかなか困難です。ブランド各社から種類も価格も様々なものが出されていますが、まずはサンプルで肌との相性を確認するのも、理想の化粧水と出会う近道です。
特に、肌トラブルを起こしやすい敏感肌の方は、サンプルにてパッチテストを行うことをおすすめします。これを行うことにより、「せっかっく買った化粧水で状態が悪くなった」といったトラブルを回避することができます。

化粧水を選ぶ際は品質にこだわるのはもちろん、毎日たっぷりと使える量と価格のバランスが取れているかどうかも重要。もったいないとケチケチ使っていたのでは、どんなにいい成分が入っていたとしても十分に生かす事ができません。
また、エイジングケア(※1)、ニキビケア(※2)など、肌質やお悩みに合わせた化粧水も多く出ていますので、自分の肌の改善ポイントをしっかりと見極めることが大事です。

肌に直接与えるものですから、できる限り、香料や添加物が入っていないものを選びたいものです。 自分の肌タイプやお悩みをしっかり把握した上で、コストパフォーマンスにも納得できるものを選ぶましょう。
洗顔後、最初につける化粧品。適当に選ばず、じっくりと吟味してください。

※1:年齢に応じたお手入れ ※2:洗顔による

〉〉